influencer lab
【新着記事】 【編集追記】Twitter流入70%越え。”Twitter”の話題は盛り上がるを実証。_”バズるアカウントには法則がある” TwitterおじさんとWeb系ツイッタラーが語る、Twitter論
influencer lab
post valuation
仕事依頼がくるインスタプロフィールの書き方!

仕事依頼がくるインスタプロフィールの書き方!

月間利用者数が2,000万人を超え、国民的ソーシャルメディアへと成長しつつあるInstagram。企業でのインスタグラマーの活用も積極的に行われており、仕事のチャンスも広がってきています。

そのチャンスをつかむためにも、上手に活用したいのがプロフィール欄。フォロワーが増えてきたら、ほかのインスタグラマーとの差別化をはかるためにも、魅力的かつ実用的なプロフィールを書くことがとても重要です。例えば、どれだけフォロワーが多くても、連絡先が記載されていなければ簡単に連絡がつかなくて仕事につながらないこともあります。

今回は、フォロワーを増やすため、また仕事の依頼をもらうために効果的なプロフィールの書き方をまとめました。

プロフィールに載せたい5大要素とは

今回、インフルエンサーマーケティングラボでは、インフルエンサーがプロフィールにどんな要素を書いているのか独自の調査を行いました。その中で見つかった、プロフィールに載せておきたい5つのポイントをご紹介します。

プロフィールに載せたい要素1:名前

当たり前!と思うかもしれませんが、重要なポイントです。本名を書いている方も多いですが、覚えてもらいやすいニックネームを書くのもいいでしょう。

例えば、あや猫(高城彩香)さんのように、ニックネームと本名を記載するというやり方もあります。

https://www.instagram.com/ayanekotan/

プロフィールに載せたい要素2:職業

必ずしも仕事でなくていいので、何をしているのかがわかるものを書きましょう。自称でも構いません。何が得意なのか、何をしている人なのかを相手にわかりやすく伝えることが重要です。

例えば、猪鼻ちひろ(イノハナチヒロ)さんは、「model / designer / blogger..」といった形で、複数の職業を記載していてわかりやすいですね。

https://www.instagram.com/inohanachihiro/

プロフィールに載せたい要素3:ほかのソーシャルメディアアカウント

Instagram以外のSNSもやっていてある程度フォロワーがいたり、専門知識や仕事の実績を示すためにブログやサイトを運営したりしているひとは、その情報もプロフィールに書きましょう。

例えばデリスタグラマーなら、料理の写真はInstagramにのせて詳しいレシピはブログで紹介したり、カメラマンなら自分のWebサイトでより高画質で魅力的な写真を掲載したり、伝えられる情報の幅が広がります。

また、ほかのSNSメディアで発信する際は、全く同じものを投稿するのではなくメディアごとに投稿内容に違いをもたせましょう。例えば、Twitterではちょっとした近況やり挨拶をつぶやくだけでも、その人となりや生活がわかりますし、多面的な自分を見せることができます。いろんな面を知ってもらえれば、より個性が伝わり親近感も生まれ、コアなフォロワーも増えていくことでしょう。

リンクを貼ってフォローしやすく

他のメディアのフォロワーも増やしたいのであれば、そのメディアのリンクを貼っておくと親切です。例えば、Twitterのアカウントは、ハンドルネームのみを掲載している方が多いですが、きちんとTwitterのリンクを貼っておいてあげることで、よりフォローしやすくなります。

例えば、GENKING OFFICIALさんは、ちゃんとTwitterをリンクとして掲載しています。

https://www.instagram.com/_genking_/

プロフィールに載せたい要素4:連絡先

ある程度フォロワーも増えてきて、インフルエンサーとして仕事がもらえるかもしれない、と思ったら連絡先を記載しましょう。今回の調査では、ビジネスプロフィール設定(詳しくはこちら)をしていても、プロフィールに連絡先を書いている方が多くみられました。

企業担当者がパソコンからアクセスすることを考えると、ビジネスプロフィール設定だけでなく、メールアドレスなどの連絡先がそのまま記載されている方がスムーズに連絡をとれるといった利点もあります。

例えば、深町レミさんは、ビジネスアカウントの設定をしつつも、メールアドレスを記載しています。

https://www.instagram.com/bisco03zd/

プロフィールに載せたい要素5:ビジネスアカウント設定

連絡先と同様に、フォロワー数が増えてきたらお仕事の依頼に備えてビジネスアカウントを設定しておきましょう(詳しくはこちら)。通常アカウントであれば、フォローしない限りメッセージを送ることができませんが、ビジネスアカウントで連絡先を設定することで、プロフィール欄の下にボタンが設置され、フォロー・フォロワーの関係がなくとも個別での連絡が取りやすくなります。企業アカウントから連絡と取りたい場合であっても、社内ルールとして個別のユーザーをフォローしてはいけないなどの事情がある可能性もあるので、連絡はできるだけとりやすいように設定しておきましょう。

プロフィールに載せたい要素:その他

上記の5つに加えて、ほかのインスタグラマーとの差別化となるようなアピールポイントを記載しておきましょう。

例えば、子供がメインのアカウントは子供の名前や年齢をのせる方が多いです。子供は成長段階によって、必要な商品も異なり、仕事を依頼したい企業からすると、子供の年齢がわかることは非常に重要です。

また、海外在住の方であれば、住んでいる国や都市を書くことをおすすめします。

例えば、Jessica Ricksさんは「SF Bay Area」と記載していますので、サンフランシスコのベイエリアに関するトレンドを知りたいときなどに企業が活用できます。

https://www.instagram.com/hapatime/

 

まとめ

今回調査をした結果、インフルエンサーの多くは、上記5つのポイントに加えて、趣味や自分の価値観がわかる言葉などを含めて6〜7つの要素を含んでプロフィールを記載していました。150文字の限られたスペースの中に伝えたいことを全部入れるのは難易度が高いですが、絵文字や記号を使って単語を並べるような表現にしたり、英語をうまく取り入れたり、書く順番なども考えながら工夫をしてみましょう。

例えば、人気インフルエンサーの菅本裕子♡ゆうこすさんのプロフィールはコンセプトや仕事内容、個性が伝わってきて、連絡もとりやすい状態になっているので、とても参考になります。

https://www.instagram.com/yukos0520/

ぜひみなさんもクリエイティビティを発揮して、魅力的なプロフィールを完成させましょう!

IFEL 編集部
ライター
IFEL 編集部

インフルエンサーラボ 編集部  / Influencer Lab(インフルエンサーラボ)は、個人の発信力向上をサポートするさまざまな情報を発信していきます。