influencer lab
【新着記事】 【編集追記】Twitter流入70%越え。”Twitter”の話題は盛り上がるを実証。_”バズるアカウントには法則がある” TwitterおじさんとWeb系ツイッタラーが語る、Twitter論
influencer lab
post valuation
インスタの新たな動画アプリ「IGTV」が登場!YouTubeと何が違うの?使い方は?

インスタの新たな動画アプリ「IGTV」が登場!YouTubeと何が違うの?使い方は?

インスタを運営するFacebook社は、2018年6月にインスタの全世界の月間アクティブアカウント数が10億を超えたことを発表しました。そして同時に新たな動画アプリ「IGTV」をスタートさせました。

「動画ならもともと投稿できるじゃん」と思うかもしれませんが、いつも使っているインスタとIGTVは結構な違いがあります。

今回はこのIGTVの使い方から楽しみ方、インスタのストーリーやYouTubeとの違いをご紹介します。

IGTVってなに?

画像引用:https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/06/インスタ_igtv/

インスタから新たに発表された動画アプリ「IGTV」。インスタとは別のアプリですが、インスタのアカウントを引き継げるため、インストールさえしてしまえばインスタでフォローしているユーザーをフォローし直さずにそのまま利用できます。

また、インスタのアプリ内でIGTVの動画を楽しむことも可能なため、視聴するだけならインスタの新機能といった感覚で楽しめます。

インスタのストーリーズや投稿とIGTVの違いは?

インスタとIGTV。どちらも動画を投稿可能ですが、大きな違いが2点あります。それはIGTVのほうが投稿できる動画時間が長いこと。そして動画を作り込むことができる点です。

長時間動画を投稿できる

従来、インスタでは最長でもフィードで60秒、ストーリーズでは15秒の動画しか投稿できませんでした。しかしIGTVは最長で60分という長尺動画を投稿できます。今までのインスタでは難しかった長尺コンテンツが解禁されることで、ショートドラマやTV番組のようなコンテンツ、ユーチューバーがよくやるような「使ってみた」「やってみた」系動画も増えてくるかもしれません。今までの動画投稿やストーリーとはまったく違う楽しみ方も想定できます。

アプリ内から撮影はできず、完成動画をアップする仕様。PCからもアップ可能

インスタではアプリから写真・動画を撮影できますが、IGTVはアプリ自体には撮影機能がありません。縦長の完成された動画を投稿する必要があるのです。

面倒なようにも思えますが、これはインスタ(動画投稿・ストーリー)に投稿する動画とIGTVに投稿する動画の役割がまったく異なることを示していると思われます。PCからは難しかったインスタ投稿が、IGTVでは公式に実装されているのもその表れでしょう。

つまり、「がっつり作り込んだ長尺動画を投稿してね」というインスタからのメッセージなのです。撮影した動画を別のアプリを使って編集したり、加工したりと作り込んだ動画を作成、投稿することが可能になります。

撮影してから一旦PCに取り込み、しっかり編集を加える、世界観を作り込むなど、「気軽に日常をシェアするストーリー」とは異なる役割を期待されているのではないでしょうか?

IGTVの使い方を紹介!

それでは順を追ってIGTVの使い方をご説明していきます。

アプリをダウンロード~ログイン

まずIGTVをダウンロードして、アイコンをタップすると、ログイン画面が表示されます。インスタと同じアカウントで活用するのであれば、画面中央部分に表示される「【自分のアカウント名」としてログイン」をタップします。

もし複数のインスタアカウントを持っている、もしくはFacebookのアカウントでログインする場合は、画面左下にある「アカウントを切り替える」をタップして、IGTVと連携させたいアカウントを選択するか「Facebookのアカウントでログイン」をタップします。

IGTVを開いて動画を見てみよう!

IGTVにログインするとすぐに動画を視聴できる画面に遷移します。表示される動画は画面中央部分にあるカテゴリから切り替え可能です。

デフォルトでは「おすすめ」が表示されていますが、その隣の「フォロー中」をタップすれば、インスタで自分がフォローしているユーザーが投稿した動画、その隣の「人気」をタップすれば、人気の動画が画面に表示されます。

そして一番右側の「視聴を再開」をタップすると、これまでに視聴した動画が表示されます。15秒以上閲覧した動画がここに表示されるようです。

画面の下部分に表示される動画は左右にスクロールでき、好きな動画を選べます。

視聴したい動画をタップで選択したら、画面の上半分のどこかをもう一度タップもしくは下部分に表示されるほかの動画を下に向かってスワイプすることで、全画面での視聴が可能です。

ほかの動画を視聴する場合は、画面をタップし、右下に表示される「他の動画」をタップするか、画面下から上にスワイプすれば、また下部分にほかの動画が表示されます。

ちなみに虫眼鏡アイコンでIGTV内の検索ができますが、現在はユーザー名の検索のみでタグや動画タイトルの検索はできません。

コメント・いいね・キャプション

視聴している動画にコメントやいいねをしたい場合は、視聴中の画面をタップすると、インスタと同じコメント、いいねのアイコンが表示されます。

またキャプションを見たい場合は、画面上部の動画タイトルの横にある下向きの三角をタップすれば表示されます。なおキャプションにはクリック可能なURLも記載できます。これはインスタの投稿との大きな違いです。

インスタからIGTVを見る

IGTVをインストールし、インスタのアカウントでログインすると、インスタの画面右上にIGTVの動画を閲覧するためのアイコンが表示されます。これをタップすることで、自動的にIGTVへ遷移します。

またインスタのプロフィール画面にもIGTVのアイコンが表示されます。画面中央にあるハイライトのアイコンの左側にIGTVのアイコンが表示されるので、これをタップすると、そのユーザーのIGTVページに遷移します。

PCからIGTVの動画は見られる?

IGTVの動画はスマホだけではなく、PCからも視聴可能です。ただしIGTVにはインスタのようにWeb版はまだ用意されていません。

PCで視聴したい場合、下記画面の紙飛行機アイコンの隣にある三点リーダーのアイコンをタップし、「リンクをコピー」をタップすると、動画のURLがクリップボードにコピーされます。、これをPCのブラウザに直接添付します。

IGTVに投稿する方法

ここまではIGTVを見る側の使い方を解説しました。ここでは、動画を投稿する方法をご紹介します。

チャンネルを開設して動画を投稿しよう

IGTVに動画を投稿する前に、IGTVで自分のチャンネルを作成する必要があります。

歯車型の設定アイコンの左にある自分のアイコンをタップすると、画面下部分に「チャンネルを作成」が表示されるので、これをタップしましょう。 

チャンネル作成後、もう一度、自分のアイコンをタップします。そうすると動画をアップする画面が表示されます。

画面中央右側の「+」か画面下部の「まだ動画がありません。動画をアップロード」のどちらかをタップし、投稿したい動画をアップします。

投稿したい動画をアップすると、画面上部にその動画が表示されるので、画面下部にある「タイトル」、「詳細」を入力。Facebookにも同時に投稿したい場合は、画面右側のスライダーを右にスワイプし、最後に「投稿する」をタップすれば、動画が投稿されます。

次から自分のアイコンをタップすると、過去に投稿した動画が画面下部に表示されるようになります。

IGTVへの投稿はPCからもできる!

IGTVへの投稿はスマホだけではなく、PCからも可能です。方法はPCのブラウザから自分のインスタのアカウントへログイン。プロフィールページにある「IGTV」をタップします。

画面下部に表示される「アップロード」をクリックし、投稿したい動画を選択すればOKです。

動画に特化したインスタ?YouTubeとはどう違うの?

IGTVはインスタと連携していますが、先にも説明したとおり、インスタでのストーリーや投稿動画とは違ったタイプの動画投稿アプリです。どちらかというと動画専門・長尺コンテンツも投稿可能ということでYouTubeに近いサービスであるともいえるため、ここではYouTubeと比較しながらIGTVの特徴をご紹介します。

アプリを開くと同時に動画が再生。見る動画を選ぶ必要なし

YouTubeでもアプリを開くとおすすめ動画は表示されますが、再生をタップしない限り勝手に動画が再生されることはありません。しかしIGTVはアプリを開けばすぐにおすすめやフォローしているユーザーの動画が再生されるため、観たい動画を探すといった手間はかかりません。

テレビのザッピング感覚で動画を切り替え

IGTVは横にスワイプしていくだけで動画を次々と確認することができるため、YouTubeに比べ、テレビでザッピングをするような感覚で気軽にさまざまな動画を楽しめます。

YouTubeも関連動画などが表示されるため別の動画を再生しやすくはなっていますが、IGTVの気軽さほどではないでしょう。

YouTubeは横長、IGTVは縦長

YouTubeは基本的に横長動画のため、どちらかといえばPCで視聴するほうが見やすいUIです。これに対しIGTVは基本的に縦長動画なうえ、スマホで動画視聴することに最適化したUIになっています。

IGTVには(まだ)広告がない

YouTubeは動画が始まる前や、視聴の最中に広告が再生されることが当たり前になっていますが、2018年7月現在、IGTVは広告がありません。そのため、ストレスなく動画に集中できます。いずれ広告機能が付く可能性は高いですが、ユーザーが集まり、定着するまでは広告なしが続くかもしれません。

そういった意味で「広告収益を得る」ことを前提にしているユーチューバーにとっては参入する旨味の少ない市場とも言えるでしょう。しかしながらいずれ収益化機能は付くはずなので、インフルエンサーになりたい人はプレーヤーが少ないうちに人気を集めておいて損にはならないはずです。

まとめ

IGTVはスマホで視聴することに特化した動画アプリです。これまでもインスタで動画を楽しむことができましたが、最長でも60秒のため、投稿できる内容には限りがありました。しかしIGTVは最長60分の動画を投稿できるため、これまではできなかったさまざまなアイディアが詰まった動画が楽しめるようになるでしょう。

すでにインスタで獲得したフォロワーがいれば改めて集客をする手間がかからないこと、インスタとの連携で気軽に見て貰うことができるなど多くのメリットがあります。インスタのフォロワーは結構いるけどYouTubeのチャンネルは持っていない、でも動画で伝えたいことがある!という人によって、IGTVは大きな効果を発揮するツールになるのでしょう。

IFEL 編集部
ライター
IFEL 編集部

インフルエンサーラボ 編集部  / Influencer Lab(インフルエンサーラボ)は、個人の発信力向上をサポートするさまざまな情報を発信していきます。