influencer lab
【新着記事】 【編集追記】Twitter流入70%越え。”Twitter”の話題は盛り上がるを実証。_”バズるアカウントには法則がある” TwitterおじさんとWeb系ツイッタラーが語る、Twitter論
influencer lab
post valuation
ゲーム実況配信で稼げる!?ゲーム動画配信アプリ「オープンレック」とは

ゲーム実況配信で稼げる!?ゲーム動画配信アプリ「オープンレック」とは

世界中で盛り上がりを見せているeスポーツ。日本でもプロゲーマーが次々と生まれ、ゲーム実況を配信したり、観戦したりすることは当たり前になってきています。

そんな中、ゲーム実況やプレイ動画に特化したサービスである「オープンレック(OPENREC.tv )」は、動画配信による収益化を可能にする「OPENREC Creators Program」を2017年に発表しました。動画配信者に対して収益の一部が分配されるこの仕組みやオープンレックのサービスについてご紹介します。

ゲーム実況配信サービス「オープンレック(OPENREC.tv )」とは?

オープンレック(OPENREC.tv)は、ゲーム実況やプレイ動画、ライブ配信が楽しめる、動画配信アプリ(サイト)です。シャドウバースやスプラトゥーンなどの人気ゲームを中心に、有名配信者のゲーム実況などを無料で視聴できます。また、eスポーツ大会を開催するなど、オリジナルのコンテンツも充実しています。

ニコ動やツイキャスなどでもゲーム配信は行われていますが、高画質に対応していたり、リアルタイムでの交流がしやすかったり、機能面でもよりゲーム配信や視聴に特化したサービスとなっています。

https://www.openrec.tv/

無料で使えるけど、有料プランもあり

オープンレックは基本的に無料で利用できますが、プレミアム会員になると様々な特典がついてきます。プレミアム会員の価格は、決済を行うプラットフォームにより異なります。Webブラウザを利用し、クレジットカードがキャリア決済を行う場合は月額540円、iOSやAndroidアプリで定期購入をする場合は月額720円となります。

プレミアム会員になると、基本的な視聴、チャット、お気に入り機能に加えて、過去のライブ動画を視聴したり、倍速や超低遅延モード(β)を利用できたり、動画内広告を非表示にしたりできます。思う存分ゲーム視聴を楽しみたい場合は、プレミアム会員に入った方が使い勝手がよくなります。

https://www.openrec.tv/premium

オープンレックは稼げる?収益の仕組みと稼ぎ方

そもそも配信者になるには審査が必要!

オープンレックで配信をしたい場合、応募して審査に通る必要があります。また、応募にあたっては、ログインが必要となるため、アカウントを持っていない場合は会員登録も必要です。

オープンレックで動画を配信したいなら、ログインした状態で配信希望申請フォームにアクセスして、申請しましょう。

OPENREC Creators Program」とは

無事審査が通って動画配信者になり、かつプレミアム会員になると「OPENREC Creators Program」に参加する権利を得られます。プログラムに参加するには、改めて申し込みが必要です。

このプラグラムに参加することで、オープンレックでのライブ配信、動画投稿を収益化できるようになります。任天堂株式会社からも許諾を得ているため、人気の任天堂のゲームを使ったライブ配信や動画も収益化可能です。

広告表示や視聴者のエールの数で、収益の分配が決まる

ではどのように収益が発生するのでしょうか?

まず、配信者を応援することができる「エール」という有料機能があり、視聴者は、ライブ配信中に有料のエールアイテムを購入し、配信者に対してメッセージを投稿できます。このエールによる収益やオープンレックで発生する広告収益などがOPENREC Creators Programに参加している配信者に分配される仕組みです。

ただし、単純に受け取ったエール数=収益ではなく、エール獲得ランキングや視聴者数ランキング、広告収益など複合的な要素を一定のロジックにより掛け合わせて最終的な分配金額が決定されます。

収益の効率を上げるには、ランキングを上げるのが効果的?

収益の分配の細かなロジックは公開されていませんが、エール獲得ランキングや視聴者数ランキングが影響するので、フォロワーを増やしたり、サポーターを増やしたりすることで、収益率が高まる可能性があります。そのため、より視聴者に寄り添った配信やコミュニケーションを工夫してみるといいでしょう。

オープンレックで配信する時に必要なもの

オープンレックでゲーム動画を配信してみたいという方は、まだ配信者になれていなくても、必要な環境を整えておくといいでしょう。

オープンレックでは、ゲーム画面をPCに表示させ、配信ソフトを使って配信を行うのが基本です。さっそく配信に必要な機器やチェックしておくべきことを確認していきましょう。 

PCの推奨スペックを確認しよう

まずは、PCのスペックを確認します。以下がオープンレックの推奨環境です。

  • CPU:Intel Core i7 2.5GHz 以上
  • メモリ:8GB以上
  • ネットワークスピード:100 Mbps程度(配信を安定させるためにLANケーブルの利用を推奨)

ゲーム画面をPC画面に表示させる方法

次に、ゲーム画面をPCの画面に表示し、ゲームの音もPCから聞こえるようにする必要があります。

①キャプチャボードを使う

キャプチャボードという周辺機器を使うと、PS4やSwitchなどのゲーム機とPCを繋げて、ミラーリングすることができます。キャプチャボードにはさまざまな種類があり、それぞれ利用できるOSや接続できるゲーム機が異なりますので注意が必要です。OSと該当するキャプチャボードについてはオープンレックのWebサイトに詳細がのっていますので、確認しておきましょう。

https://openrec.zendesk.com/hc/ja/articles/223395648

②アプリケーションを使う

ほかにもiOS端末の場合は「AirServer」というアプリケーションでAirPlay配信を受信する方法や、Android端末では「Mobizen」というアプリケーションを使ってミラーリングする方法もあります。それぞれの配信方法についてもオープンレックのサイトで詳細を確認できます。

https://openrec.zendesk.com/hc/ja/articles/223395648

ライブ配信には配信ソフトが必要

ゲーム画面をPC画面に表示できたら、配信ソフトを使って配信します。配信ソフトもさまざまなものがありますが、無償で利用できるOBS(Open Broadcaster Software)が定番です。OBSはオフィシャルホームページからインストールができます。

人気の配信を見て参考にしよう!

配信の準備が整ったら、ぜひ人気ランキング上位の人の配信をみて人気の秘密を探ってみましょう! 

まとめ

ゲーム実況を視聴しているだけでも楽しいですが、同じゲーム好きな人と繋がったり、かつ配信によってお金が稼げる可能性があるというのは夢がありますね!オープンレックでは、活躍中のストリーマー「たいじ」選手とスポンサー契約を結ぶなど、プラットフォーマーに留まらない動きもでてきています。

今後もますます広がっていくであろうeスポーツの世界。これからもオープンレックから目を離せません!

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000006792.html

IFEL 編集部
ライター
IFEL 編集部

インフルエンサーラボ 編集部  / Influencer Lab(インフルエンサーラボ)は、個人の発信力向上をサポートするさまざまな情報を発信していきます。